So-net無料ブログ作成
検索選択

モンスターズ.インクテレビ放送7月14日 モンスターズユニバーシティ動画 [映画]

7月14日、日曜日に
2001年
ディズニーとピクサー制作のCGアニメーション映画
『モンスターズインク』
地上波で放送されます。

この映画、私は当時幼かった子供たちを連れてオーストラリアの映画館で見たのを覚えています。

最初は私は別にどうでも良かったんですがね(笑)。

ただまぁ、当時かなり前評判が良かったのと、子供たちが行きたい行きたいとせがむので
しかたなくというか、暇つぶし感覚で行ったのを覚えています(笑)

しかし、、、いやぁ理屈抜きで楽しかったですね。

ふだん興味の無い映画なら途中で寝てしまうのが習慣化していた私ですが(笑)、
少しも眠くならずに、子供たちと一緒に楽しんでみる事が出来ました。

その上、DVDが発売されるとDVDまで買ってしまった始末です。(笑)


あらすじ

舞台はモンスターの世界。毛むくじゃらの青いモンスターサリーと、その相棒である一つ目モンスターマイク・ワゾウスキは、大企業であるモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)で働いている。モンスターズ・インクの業務内容は、無数に保持している“人間の子供の部屋へ通じるドア”から子供部屋にモンスター達を送り込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換、モンスターの世界へ供給するというもの。この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいる。サリーはこの会社で誰からも尊敬される「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」である。 昨今、テレビゲームなどの影響からモンスターを怖がらない子供が増え、会社の業績は悪化、またエネルギー不足も深刻になっていた。そんなある日、サリーは人間の女の子ブーがドアの向こうからこちらへ入って来る場に居合わせてしまう。サリーとマイクは、彼女をなんとか人間の世界に戻そうと奮闘する。
ーーーーーーWikipediaより引用ーーーーーーー

笑いあり感動ありで子供にはもちろん、私のような大人にも楽しめる映画ですね。

ちなみに気になる制作費のことですが、約110億円かかっています。

さすが映画の本場、アメリカですね。

私は日本語の吹き替えでは見た事が無いので、今回の地上波放送を見てみようと思っています。

皆さんも是非お見逃しなく。


つい最近、日本ではモンスターズインクの第二弾、
『モンスターズユニバーシティ』が公開されたばかりですよね。

032813e1.png

こちらはまだ私は見ていません、
というのも子供たちも大きくなったのであまりこういう映画に興味を示さなくなったからだと思いますが、私一人でこの映画を映画館に観に行くのはチョット抵抗があります。(笑)

DVD発売を待つしかないようですね(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』あらすじ、ネタバレ 7月3日TBSテレビ放送 [映画]

今回は2006年、ユニバーサル・ピクチャーズ製作の映画

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』について語っていきます。

何はともあれとりあえず動画からご覧ください。



すごいアクションですよね。

ただ第3弾ということで、もちろん第1弾と2弾が存在すると言う訳でありまして。

続編映画にありがちな、だんだんとストーリー的に質が落ちてきている感は否定できません。

そもそも第一作目の主人公は、ヴィン・ディーゼルポール・ウォーカーの2人でした。
そして第二作目はポール・ウォーカーが主役をつとめ、ヴィン・ディーゼルは出演していません。
しかしまぁ、第一作目でのメインの相方が主役なので許せます。


ところがこの第三作目は、全然無関係の人が主役をつとめると言う設定になっています。

続編なんだからその辺はもうチョット考慮してほしかったですね。

現在、2013年7月ですが今は第7弾まで制作されています。

第4作目からは、また第一作目のコンビが復活
し人気が盛り返してきましたね。

私が思うに全シリーズ7作品のなかで、今回の第3作目がいちばんの低迷期だったのでは無いでしょうか。

あらすじ
違法なストリート・レースの最中に衝突事故を起こして逮捕されたショーン(ルーカス・ブラック)は、少年院行きを免れるために軍人の父を頼って日本へ。言葉や文化の違いに戸惑いを感じながら高校生活を始めた彼は、留学生のトウィンキー(BOW WOW)に誘われ、ドリフト・レースが行われる深夜の立体パーキングに赴く。

舞台は渋谷のど真ん中と言う設定ですが、、、、、実は、ほとんど、というか全てがCGだということです。
あと私個人的には、せっかく舞台を日本にしたのであればもっと日本人をストーリーに絡めてほしかったというのがあります。
北川景子さんもでていたのでどんな役か楽しみにしていたんですけど、”えっ、あれだけの役?”って感じでしたね。
それならそこらへんの無名な子でいいじゃんって思いました。

とまぁ、いろいろとグチばっか書いてきましたが、カーアクションは迫力ありますね。

ドリフトの第一人者であるレーサー、土屋圭市をアドバイザーに招いて撮影されたそうなので車好きの人には楽しめる要素がかなり含まれています。

7月3日、TBSテレビで夜9時から放送されますので興味のある方は是非見てください。

余談ですが、2013年に公開されたシリーズ第7弾は、また舞台が東京ということですが、
私的には第7弾はかなりオススメです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版『ルパン三世』小栗旬? 峰不二子は誰? [映画]

いやぁ〜、かなり前から噂されていた、テレビアニメ放送開始40周年を記念して

実写映画『ルバン三世:外伝 ~峰不二子は三度死ぬ』(仮題)とうとう制作が決定したみたいですね。

公開は来年2月頃と予定されてますが、どうなるんでしょうか?

監督にはALWAYS 3丁目の夕日』などの作品で知られる山崎貴氏の名前が最有力候補として挙がっています。

ルパン役は小栗旬で決定との事ですが、
私的にはあんまりピンとこないですね。

次元大介役は『嵐』櫻井翔、石川五ェ門役は妻夫木聡になるらしいとのこと。

前回の噂では次元役が妻夫木聡だったんですが、どういう根拠で変えたのかは不明です。

さて問題の峰不二子役ですが当初は沢尻エリカが抜擢されてましたが、彼女からは離婚問題を理由に返事を先延ばしにされていた矢先に、映画『ヘルタースケルター』全身整形美人の元風俗嬢・りりこ役で沢尻エリカがヌードを披露すると報じられ、ルパン制作側は、沢尻のヌードというアピールポイントが二番煎じになるのを避けるため、沢尻エリカから長澤まさみへ変更になったということです。

私的には深キョンになる事をたのしみにしていたんですけど。


どうですか?

深キョン、ぴったりと思いません??

今回の実写版は、アニメと同様に不二子を主役としており、敵に捕まり性的な拷問を受けるシーンまでもあるそうです。

彼女が所属している芸能事務所は、あまり彼女にセクシーシーンをやらせないようにしていると伝えられていますが、そのあたりはどうなんでしょうか?

しかし、昨年は映画『モテキ』で、結構きわどいシーンを演じたのですからチョット今回は期待しちゃいますね。

とりあえず今回こそは実写版の話がガセネタで終わらないように願いたいものですね。

映画『マディソン郡の橋』ってどうよ? 6月18日テレビ東京放送  [映画]

またまた映画の話になっちゃいます。

今回紹介する映画は、ご存知の方も多いと思います。

『マディソン郡の橋』

image-9.jpeg

世界的ベストセラー(およびロングセラー)となったロバート・ジェームズ・ウォラーによる同名小説(日本語訳・文藝春秋刊)をクリント・イーストウッドが製作・監督・主演に挑戦。
共演者がメリル・ストリープということもあり当時(1995年)はかなり話題になりアメリカのみならず、世界的にヒットした映画でしたね。

あらすじ

アイオワ州マディソン群の片田舎。農場主の妻フランチェスカは、夫と二人の子供に囲まれ平凡な主婦として穏やかな毎日を送っていた。そんなある日、一人で家の留守をしていた彼女の所へある男が道を尋ねてくる。男の名はロバート・キンケイド。旅のカメラマンで、この近くの屋根のある橋ローズマン・ブリッジを撮影に来たが道に迷ったという。橋までの道案内に車に同乗したフランチェスカ。それは二人にとって、永遠に心に残る4日間の始まりであった……。

これは私もおすすめの映画ですし、確かにラブストーリーとしては最高のできなのではないかと思います。

2人の演技も素晴らしいですし、見ている人たちに感動を与える事は確かです。

だからこそ世界中でここまでヒットした作品だとも言えますね。

でもですよ、ここからは私個人の意見を言わせてもらいますね。

この映画は、主役のイーストウッドメリル・ストリープ側から見た映画なので不倫を美しく描いていますが、脇役の主人側をメインにもってくれば、たちまち泥臭い不倫映画になるのではないでしょうか?(笑)

もし主人が嫌なやつで暴力でも振るっている人であれば不倫にも納得できますが、映画を見てもらえば分かる通りなんの否もない優しいご主人です。

4日間だけの不倫とはいえ完全に心まで奪われてしまってますからね。

私が彼女の主人であればやっぱ嫌ですね。

しかしやはり映画としては最高傑作と言ってもいいのではないでしょうか?
私も3回くらい見たと思います。

6月18日テレビ東京で13時25分から放送されますので、皆さんもう一度みてはいかかですか?

私のようにひねくれた映画の見方をするのも面白いかもしれませんよ(笑)

これは撮影裏話ですが、、映画の舞台となったウインターセット市は、人口4,000人程度の町です。
最終シーンであるガソリンスタンドで、夫に同情したフランチェスカを、豪雨の中、ずぶ濡れになりながら、彼女が自分の胸に飛び込んでくることを祈り、じぃ~っと佇むイーストウッドを一目見ようと町のほとんどの人が撮影現場に見学に来て、晴天の中、集中豪雨を降らせる映画作りにすっかり驚いたとのことです。
何となくその場面が想像できますね(笑)

『Mr & Ms スミス』予告動画 ブラッドピットとアンジェリーナジョーリー ブラビ映画ネタバレ [映画]

今回もまた映画ネタになっちゃいますが、勘弁してください(笑)

さて今回はリアル夫婦の共演作『Mr & Ms スミス』について語っていきましょう。

image-8.jpeg

リアル夫婦って言ってもこの映画が公開された2005年当時は、ブラピジェニファーアニーシュトン婚約していたんですけどね。

この映画共演をきっかけにジェニファーを捨ててアンジェリーナとの交際が始まり、今ではリアル夫婦になっちゃいましたね。
私は個人的にジェニファーアンジェリーナも好みなので、ただただ単純にブラピがうらやましいなと、、、、、、(笑)

とりあえず私の事はおいといてyoutubeからご覧ください



簡単にストーリーをあげていきますと、、、

『Mr.&Mrs. スミス』のジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ライバル組織の暗殺者同士であることを知らずに恋に落ち結婚

ところが、ある日、同じ人物の暗殺命令が出たことで互いの本当の姿を知り、愛し合っていたはずの2人は、本気で殺し合うことに!

自分の秘密がバレた場合には48時間以内に相手を殺すと言うのが暗黙のルールであり、
お互いを知ってしまった2人は、ルールに従い戦闘を開始する。
 
という、まず実生活ではあり得ないようなあらすじがさすがにハリウッド映画だな〜って感じですね(笑)。

多彩なアクションがあるので、この映画をアクション映画としてみれば個人的には楽しめましたが、
ところどころにコミカル的な場面もあり、アクションコメディ映画と言う事にしておきましょう。(笑)

ただ個人的に言わせてもらえば、もう一つ緊迫感が欲しかったですね。

映画のひねりは、2人がライバル組織の暗殺者同士と言う事なのは分かるんですけど、、、、

せっかくの限られた時間
「48時間以内」の殺し合いなのに全然時間に迫られるという緊迫感が無かったですね。

あと、、、こんな事言うとヒンシュクかいそうで怖いんですけど、、、、

アンジェリーナジョーリーの演技がいまいち、、、う〜〜〜んって気がしました。

ファンの人がいたらごめんなさい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『幸せのちから』あらすじ ウイルスミス親子共演 幸せのちからネタバレ [映画]

はい、、今日もまた映画ネタで行きたいと思います。

今回紹介する映画は、2006年のアメリカ映画。

主演のウイル スミスが実の息子(ジェイデン スミス)との共演で話題を呼んだ

『幸せのちから』です。

image-7.jpeg

■あらすじ■
クリス(ウィル・スミス)はサンフランシスコで暮らす医療機器(骨密度スキャナー)のセールスマン。5歳の息子クリストファー(ジェイデン・スミス)のよき父親だが、骨密度スキャナーはさっぱり売れず、家族を養うこともままならない。朝から晩まで働き通しで家計を支えてきたパートナーのリンダも、生活苦に疲れ果ててしまい家を出て行ってしまう。 ある日、学歴無用で高給取りへの道が開けると聞いたクリスは、一流証券会社の株式仲買人養成コースに申し込む。だが半年の研修期間中は無給。しかも家賃滞納でアパートを追い出され、クリスの奮闘の日々が始まった。 ホームレス生活をひた隠しにしながら厳しい研修をこなす一方で、今夜のベッドの確保に奔走するクリス。そんな彼の心の支えは、どんな時も父親への変わらぬ愛と信頼が寄せる、けなげなクリストファーの存在だった。クリスは愛する息子の笑顔に励まされながら、まだ見ぬ幸せを目指して今日も走り続けるのである・・・

この映画は、全財産21ドルから億万長者になったクリス・ガードナーの実話に基づいた作品。

私的には、絶対にこの映画はハッピーエンドで終わると確信を持っていたんですが、、、、

確かにラストはその証券会社に採用されるという形で一応、ハッピーエンドなのですが・・・

それまでの道のりが、まぁ〜長い長い

サクセスストーリーというよりも、それまでの苦労の道のりについて描かれた作品でしたね。

もうすこし、苦労した道のりをカットして、成功を収めてからの親子の日常も見たかったのですが、、。

親子の愛情物語がメインのテーマでしたね。
それが悪いと言っている訳ではないんですよ。

ただ、2時間ず〜〜〜〜と苦労に耐えきるストーリー展開なので、見終わったあとに結構『う〜〜〜ん』と唸ってしまいましたね(笑)

かなり重たい映画です。

しかし、まぁさすがに親子共演というだけあって、演技にはナチュラルさがありましたね。

親子ホントに仲がいいんでしょうね。

b0093261_15491781.jpg

息子はそのあとに、ジャッキーチェンの『からてキッド』にも主演に選ばれましたね。

これは、チョット裏話なんですが、、、

ウィル・スミスは、「アフリカ系米国人俳優としては初めて2000万ドル(約20億円)の出演料を稼ぐようになった」俳優です。
7歳の息子までこんな映画に準主役級で出演して稼げば、一体父子の合計出演料はいくらなんでしょう?

笑いが止まらないでしょうね(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンハサウェイプラダを着た悪魔 あらすじ ネタばれ 2006年アメリカ映画 [映画]

今日はまた映画について書いていきます。

最近、チョット映画にこっているんですよ。。。

というのも、、、、、あとで説明しますね。(笑)

さて今回の映画は、6月7日夜9時から、日本テレビで放送されるプラダを着た悪魔』について語っていきたいと思います。
image-2.jpeg

主演は『ブロークバック・マウンテン』にも出てたアン・ハザウェイ。
他、『クレイマー、クレイマー』のメリル・ストリーブや
名バイブレイヤーのスタンリー・トゥッチなどが出演。

ジャーナリスト志望の女性アンドレア・サックス(アン・ハザウェイ)は、
出版社で勤めたいために何も知らずにファッション誌「ランウェイ」の編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリーブ)のもとで働くことに。

ファッションに興味がないアンディ(アンドレアの通称)は
きらびやかな洋服・アクセサリーを身につけた他のスタッフから軽蔑視され、
なおかつミランダや先輩のエミリーの命令でてんてこ舞い。

そこで、コーディネーターのナイジェル(スタンリー・トゥッチ)のアドバイスでアンディは会社にある洋服を借りて着こなすことで外見から仕事もデキる女に変わっていく。

しかし、仕事に叙々にのめり込むうちに彼氏のネイトやそれまでの友人と疎遠になり、
関係が気まずくなる……。


オープニングから結構早い展開で話が進み、
あっという間に2時間経っちゃいます。

そのわりには、ちゃんとストーリーについていける早さなので、
終わった後に『見てよかった』という満足感あり。


簡単にストーリーをまとめると、、、

基本的にはセンス(ファッション)がまるでイケてない女の子が、
ファッション誌の仕事でもまれ、素敵な都会のレディーに成長する様子を描いている、というごくごくありふれたストーリーです。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるが、
ここではそれ以上に 仕事に対しいかに「自分」を殺し忠実にこなすか、
ということが重要。


先輩のエミリーもなかなか面白い存在

女性としての、仕事の先輩としてのジェラシーがよく出てた。
イヤミっぷりもグッド。

他にもコーディネーターのナイジェル、 彼氏のネイト、
仕事先のパーティーで知り合った作家のクリスチャンなどのアクティングも素晴らしい。

しかし私は何と言っても、メリル・ストリーブ。彼女はさすがに大女優

他のアクターには無い何かを持ってますね。

今の映画界には、経験を積んで演技に磨きがかかる人と、自然にこなせる人の2種類がいます。

彼女はまさに自然にこなせる人にほうです。

この映画を見る時に、その辺りも注意してみると面白いかもしれません。


さてさて、、どうして私が最近映画にこっているかと言うと、実は私も去年からチョコチョコとオーストラリアのインディ映画ですが出演しているんですよ。

私のベストフレンドのハンガリー人の主役の子は去年撮影した作品で、LAで行なわれたアクション映画祭で400作品の中から見事1位をとり、ベストアクション女優賞もとりました。

ちなみに私も同映画に殺し屋として登場しますが、逆に殺されます(笑)

ハリウッドからもオファーがあったそうです。

彼女の名前は NAOMI KARPATI

386868_586156124742025_620291709_n.jpg

みなさんも応援してください。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2009年映画GIジョー 6月5日放送 イ. ビョンホン [映画]

今回、はじめて映画について書いてみたいと思いま〜す。

2009年のアメリカ映画『GIジョー』

もともとは、人気フィギュア・シリーズから誕生したテレビアニメをベースにしたアクション大作。

世界征服を企む悪の組織“コブラ”と、国際機密部隊“G.I.ジョー”の戦いが描かれています。

映画のストーリー

1990年代、世界制服を企む悪の組織“コブラ”が各地で活動を活発化。そして、悪の武器商人デストロ(クリストファー・エクルストン)の手により、脅威の兵器“ナノマイト”がコブラの手に渡ってしまう。あらゆるものを破壊するこの最強兵器を使い、ついにパリのエッフェル塔をも破壊。コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府が送り込んだ最後の切り札は、世界中から集められた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”。それは強靭な肉体、行動力を持ったエキスパート集団だった。メンバーは、デューク(チャニング・テイタム)、スカーレット(レイチェル・ニコルズ)、リップコード(マーロン・ウェイアンズ)、スネークアイズ(レイ・パーク)たち。特殊スーツを身につけ、数々のガジェットを駆使する極秘チーム、G.I.ジョーとコブラの、エジプト、パリ、東京と世界を舞台にした壮絶なバトルが始まる。

とまぁこんな感じなのですが、あの韓流スターイ.ビョンホンも忍者役で登場してきますよ〜。

イビョンホン.jpg

キャスト
デューク            チャニング・テイタム
シェイナ“スカーレット”オハラ  レイチェル・ニコルズ
ブリーカー         サイード・タグマウイ
リップコード         マーロン・ウェイアンズ
スネークアイズ         レイ・パーク
カバーガール         カロリーナ・クルコバ
ヘビー・デューティ       アドウェール・アキノエ=アグバエ
ホーク将軍         デニス・クエイド
アメリカ大統領         ジョナサン・プライス
コブラ・コマンダー      ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
デストロ           クリストファー・エクルストン
ストーム・シャドウ      イ・ビョンホン
ザ・バロネス         シエナ・ミラー
ザルタン           アーノルド・ヴォスルー
(c)キネマ旬報社

私のこの映画の評価ですが、、、、繰り広げられるアクションシーンもハンパじゃないほどスゴイ! 宿敵コブラの攻撃シーンでは、パリのエッフェル塔まで倒壊してしまいます。。。。

おっと、、、あんまり言わない方がいいですね(笑)

とにかく、改めてCGのすごさに感服しましたね。

とりあえず皆さん6月5日、夜9時からTBS、、、、、お見逃し無く!!!



最後に余談ですが、、私も去年オーストラリアのインディ映画ですが、殺し屋の役で出演しました。

その映画は、去年の8月にLAで行なわれたアクション映画祭で400作品の中から見事1位に輝きました。また機会があれば、その映画について書きたいと思っています。

これから少しずつ、そちら方面で活躍できたらな〜と思います。

そのときは応援よろしくお願いします。


 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。